登記のご相談なら名古屋総合司法書士事務所へ

愛知県名古屋市の司法書士による 相続登記・不動産登記・会社登記相談

初回相談無料全国対応いたします

ご相談予約専用フリーダイヤル

TEL:0120-758-352 0120-758-352

  • HOME
  • 贈与による所有権移転

贈与登記とは

父から息子へ家を贈与する

贈与は、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって、その効力を生じます(民法549条)。

不動産を贈与する契約において、不動産所有権の移転を対抗する場合には、その物件変動を公示するために登記が必要となります。

登記に必要な書類

贈与の対象である不動産について、贈与者から受贈者への所有権移転登記に必要な書類は以下のとおりです。

贈与をする方

  • 登記原因証明情報(当事務所で作成可能です)
  • 権利証または登記識別情報
  • 印鑑証明書(発行後3カ月以内のもの)
  • 委任状(実印で押印していただきます)
  • 固定資産評価証明書(当事務所で取得可能です)

贈与を受ける方

  • 住民票
  • 委任状(認印で結構です)

※なお、ご本人確認の際に運転免許証等の身分証明書が必要となります。

登記費用

登録免許税および実費

  • 登録免許税 ... 固定資産評価額の2%
  • 固定資産評価証明書 ... 1通300円
  • 住民票 ... 1通200円あるいは300円
  • その他、法務局への郵送代など

司法書士報酬(税別)

  • 贈与登記申請(1件) ... 46,000円
    (不動産が1筆増えるごとに1,000円加算させていただきます)
  • 登記原因証明情報の作成 ... 10,000円
  • その他必要書類取得 ... 1通1,000円の手数料をいただきます

節税対策としての生前贈与

将来の相続税等の税金対策のために、生前贈与を利用することをお考えの方も多いと思います。

節税を目的とした生前贈与には大きくわけて3つの方法があります。

1.基礎控除額110万円の範囲内で持分贈与をする場合
2.相続時精算課税制度を利用した場合の、親(65歳以上)から子(20歳以上)への贈与による場合
3.婚姻期間20年以上の夫から妻への居住用不動産の贈与による場合

上記1と2の場合については、税理士法人名古屋総合パートナーズHP「 生前贈与は有効な節税対策 」で詳しく解説しております。ぜひご覧ください。

夫婦の間で居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除

夫婦の間での不動産の贈与

財産の贈与をする際には、贈与税について事前に検討しておくことが重要です。

夫名義の不動産を妻の名義に、あるいは、夫婦共有の不動産をどちらか一方の名義に変更したいとお考えの場合、贈与税の配偶者控除の特例を利用できる場合があります。

贈与税の配偶者控除とは、婚姻期間が20年以上の夫婦間で、居住用不動産又は居住不動産を取得するための金銭の贈与が行われた場合は、基礎控除 110万円の他 に最高2,000万円(合計2,110万円)まで、課税価格から控除できる特例です。しばし ば夫婦間の財産均一化の手段として利用されています。

特例を受けるための適用要件

1.夫婦の婚姻期間が20年を過ぎた後に贈与が行われたこと
  • 婚姻期間の判定はあくまで戸籍上の届出があった日から起算されるので、内縁期間は含まれません。
2.配偶者から贈与された財産が、自分が住むための国内の居住用不動産であること又は居住用不動産を取得するための金銭であること
  • 居住用不動産については、一定の要件(詳しくは 国税庁のホームページ でご確認ください。)に該当する場合は居住用家屋の敷地のみの贈与であっても本特例の適用がありますが、その場合、不動産取得税の住宅用土地の軽減の適用がないことに注意が必要です。
  • 店舗兼居住用住宅に供している建物の敷地のように、明確に居住用部分の判定ができない居住用不動産については、面積案分によって居住部分を判定し、持分を譲渡して本特例を受けることができます。
3.贈与を受けた年の翌年3月15日までに、贈与により取得した国内の居住用不動産又は贈与を受けた金銭で取得した国内の居住用不動産に、贈与を受けた者が現実に住んでおり、その後も引き続き住む見込みであること

その他注意事項

  • 特例を受けるためには、上記の適用要件を満たしたうえで、申告期限内に贈与税の申告をすることが必要です。
  • 本特例で受贈配偶者が取得した財産の価額については、相続税の課税対象に加算される相続開始前3年以内に被相続人から生前贈与を受けた財産の対象とはなりません。
  • 配偶者控除は同じ配偶者からの贈与については一生に一度しか適用を受けることができません。
登記に関することならどんなことでもご相談ください。TEL:052-231-2605

名古屋総合司法書士事務所について

事務所案内

〒460-0002
愛知県名古屋市中区二丁目20番25号
丸の内STビル6階

相談時間 平日 9:00~18:30
 夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00
TEL:052-231-2605
FAX:052-231-2607

事務所外観

事務所外観
対応マップ

主な対応エリアは、以下のとおりです。

【主な取り扱いエリア】

愛知県西部

(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))

愛知県中部

(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)

愛知県東部

(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)

岐阜県南部

(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市, 大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町))

三重県北部

(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))

その他のエリアの方のご相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

交通事故サイト

 

名古屋総合司法書士事務所 司法書士 加藤綾子 所属:愛知県司法書士会

運営管理 Copyright © 弁護士法人 名古屋総合法律事務所 All right reserved.
所属:愛知県弁護士会

弁護士の法律相談、税理士の税務相談、司法書士の登記相談・登記手続一般 〒460-0002愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階 TEL: 052-231-2605(代表)  FAX: 052-231-2607
■提供サービス...交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産
■主な対応エリア...愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村),一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町))三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町)